Nursery School under Elevated Railway in Machiya

町屋高架下保育園 / Nursery School under Elevated Railway in Machiya

東京の下町、荒川区町屋の鉄道高架下に設けられた保育園。長さ70mの屋根を架けることで土木的な高架橋のスケールと保育所のスケールを調整した。各保育室、園庭を結ぶ廊下を軒下の屋外空間として道路に面して配置したことにより、園内の活動が街へと滲み出す。道を歩けば園の日常活動が垣間見える、下町的な距離感の保育園が生まれた。

The nursery school is located under the elevated railway line in Machiya, downtown Tokyo. The initiative aims to solve the shortage of nursery schools by using areas under elevated railway lines as nursery schools. There is a shortage of nursery schools in urban areas in Japan, but there are no sites on which to build them. This architecture overturns the conventional image of under elevated railway lines and creates a new model for nursery schools using the elevated railway lines.

東京の下町、荒川区町屋の鉄道高架下に設けられた保育園。1931年、路線開通時に建設された高架橋の下には、近年まで町工場や住まいを兼ねた商店などが建ち並び、生活が街路に溢れ出す下町的な景観を形づくっていたが、高架橋の耐震補強のため、全て立ち退きを余儀なくされた。耐震補強後は長らく空地となっていたが、保育園の計画を皮切りに高架下の再活用が始まった。

街を横断する古い高架橋は高さが低く桁下で約3.9m、スパンも約6mと短く重々しい。高架下を保育に相応しい場へ変換する為に、長さ70mの大きな屋根を架けることで土木的な高架橋のスケールと保育所のスケールを調停した。 大きな屋根が高架橋と対峙することで、街に対する保育所の顔を作りだした。

大屋根の下、園庭を挟んで諸室は3棟に分けて配置されている。街路に沿って設けられた長さ39mの軒下空間が保育室、調理室、事務室、エントランス、園庭を結びつける。各高架柱の間には手洗い場、吊下げネット遊具、滑り台、駐輪場、エントランスポーチが設けられており、保育園内の活動は自然と街へと現れる。

ヒートアイランド現象により都市部の気候は厳しさを増している。ここでは高架橋と建築を重ね合わせることで生まれた独自の半屋外空間が気候を調整している。 高架橋が第一の「屋根」として強い日差しや周辺建物の輻射熱から園庭を守る。建築の屋根は風雨から日常の移動を守るだけでなく、園庭全体を明るく照らすためのライトシェルフの働きをしている。 高架と屋根の重なりにより、高架の天井がぼんやりと明るく照らし出された独特な半屋外空間を生み、夏期にも利用しやすい園庭となった。

高架基礎との干渉を避けた位置に柱を設置している。 前面道路側をブレースの無い開放的な構成とするために、スパンを6m以内に抑えることで計算ルート1-1とし、ブレース位置の制約を無くした。また、空間内に現れる柱は、サッシ方立に近い寸法の角型鋼管75x75、壁内は100×100とし、梁はH148x100としている。また屋根形状は高架ハンチを避け、天井高さを稼ぐために山型とした。基礎はマットスラブとし高架基礎の負担にならない全体荷重10kN/㎡以下とした。

大きな軒下空間を設けた事により、園内の活動が自然と街へ滲み出すことに繋がった。道を歩けば絵巻物のように園の日常の活動が垣間見える。都市部では閉鎖的な佇まいの保育園が次第に増え、園児と地域住民の関係が疎遠になりつつある。そのような中、独特な開放性を持った保育空間により、自然とコミュニケーションが交わされる下町的な距離感の保育園が生まれた。

施設名:まなびの森保育園町屋
所在地:東京都荒川区
用途:保育所
構造:鉄骨造
建築面積: 460.46m2
延床面積: 397.81m2
園児定員: 60名

設計監理: 秋山隆浩建築設計事務所 + Atelier HMC
構造設計: TECTONICA
設備設計: 環境エンジニアリング
植栽設計: 温室
施工: 塚本建設(建築工事)、アミックス(内装工事)

撮影:石田篤 (一部、秋山隆浩建築設計事務所)